ピンキープラス

ピンキープラスの成分について

更新日:

なぜ胸のサイズに違いが出てくるのか?

胸を大きくするめの階段
胸が大きくなるためには、「成長ホルモン」と「ラクトゲン受容体」の2つの物質が相互に作用しあうことが必要です。

この2つの物質は人間なら誰の体の中にも存在しています。

ではなぜ個人個人によってバストのサイズに違いが出てくるのかというと、成長ホルモンの方はほぼ全員同じような年齢で生み出されるのに、「ラクトゲン受容体」に関してはその生成時期に差があるためです。

つまり、成長ホルモンとラクトゲン受容体が同じ時期に生成された場合、順調に胸のサイズが大きくなりますが、それがずれた場合、胸の成長があまりはかどらないことになります。

ではそんな場合、もうバストアップは不可能なのでしょうか?

いえ、そうではありません。

今胸が小さいとしても、ラクトゲン受容体そのものは間違いなく体内に生成されているわけですから、あとは成長ホルモンの働きを活発化すればいいわけです。

ピンキープラスがなぜバストアップに効果を上げるのかというと、その成長ホルモンの促進はもちろん、

・ホルモン分泌に欠かせない「睡眠」の促進
・バストアップに必要な物質を運ぶ血流の促進

これらに役立つ成分を配合しているからです。

「睡眠」についてですが、そもそも成長ホルモンは寝ている時に体内で生成されます。

その生成を促進するためには睡眠の質の良さが大切なのですが、ピンキープラスにはその点を考慮して、バレリアン(セイヨウカノコエキス)が配合されています。

この物質には深い睡眠に導く成分が含有されているため、成長ホルモンの分泌に非常に役立つのです。

次に、「血流の促進」について。

実は血液の巡りとバストアップ作用は関係があり、血行が悪いと乳房に栄養が行き渡らず、成長において阻害要因となります。そこでピンキープラスには「ヘンプオイル」という成分が配合されています。

これは麻の種からとれる油脂。人体では作り出すことのできない必須脂肪酸を豊富に含んでいて、血行を改善します。

ピンキープラスはこれらの優れた成分によってバストアップに役立ってくれるのです。

ピンキープラスの成分・ブラックコホシュの副作用について

副作用のイメージ
ピンキープラスの成分のひとつ、ブラックコホシュ。アメリカ原住民によって昔から婦人病の妙薬として用いられてきましたが、近年はその幅広い効能が注目され、多くのサプリメントに成分として配合されています。

ただ効き目が強いだけあって、過剰な摂取によって胃腸にトラブルが起きたり、頭痛が起きるなどの報告があるようです。

頭痛に関しては、ブラックコホシュには血管を広げ、血行を改善する効果があるため、1種の好転反応が起きている可能性があります。

また、ブラックコホシュは西洋系のハーブですが、それらをメインにしたサプリにはゲップを促す作用があるので、その点は多少注意が必要かもしれません。

ただよほど大量に摂取しない限り、重篤な副作用を引き起こす心配はありません。

ピンキープラスのバストアップ成分

ピンキープラスを飲むとバストアップするのは、ブラックホコシュというハーブの根に含まれるイソフラボンのおかげ。

イソフラボンといえば、ふくよかな女性らしいボディラインを作ったり、乳腺にアプローチしてバストアップを促す注目の美容成分です。

さらに、代謝のためにヘンプオイル、成分吸収のために発酵ウコンが入っています。

ピンキープラスを続ければ、バストコンプレックス解消の助けとなるでしょう。

ピンキープラスの口コミはこちら

-ピンキープラス

Copyright© 本当に効いた!ピンキープラスの口コミ・効果 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.