ピンキープラス

ピンキープラス〜飲み方とそのタイミング

更新日:

ピンキープラス〜飲み方とそのタイミング

摂取すべき時刻

ピンキープラスをいつ、どれくらい飲むか?

"いつ"は「寝る前」。
"どれくらい"に関しては、「1日1、2粒程度」
というのがオススメです。

摂取すべき時刻ですが、1番いいのは「寝る前」です。この時間帯なら、サプリの吸収率が高まるからです。体が休まっているため、サプリの成分を吸収するのに集中してくれます。

また、女性ホルモンが分泌される時期もオススメ。この時期に飲むと、バストアップの効果が高まります。
ピンキープラスには、プエラリア、イソフラボン、ブラックコホシュなどの成分が含まれています。これらの効果を最大限に活かすには、生理から排卵までのいわゆる卵胞期に摂取するのが良いのです。

というのも、生理から2週間ほどはエストロゲンの量が低い状態だからです。

ただし、注意すべきポイントがあります。

排卵の後、プロゲステロンは分泌量が増加します。ここでエストロゲンが優位な状態だと、頭痛や吐き気などの症状が起こる可能性があるのです。ですから、それを防ぐためにも排卵日から生理前は摂取を控えた方が無難でしょう。黄体期にエストロゲンが多い場合は生理が遅れてしまいます。

もしどうしても生理前まで飲みたいという場合、エストロゲンの増加を抑えることが大事です。サプリの量を控え目にするなど、自分で飲む量をアレンジして下さい。

それに体質にもよりますが、プエラリアを400mg以上摂取すると生理が遅れる人がいます。サプリ服用の際はそのことも考慮に入れましょう。

女性によって、生理中は軽い病気に近い状態の人がいます。出血が増えたり、生理痛がひどかったり、その期間が長引くこともしばしばです。できるなら生理中は飲むことを控えたほうがいいですね。

1.寝る前に飲む

就寝前の時間帯は、夕食時の摂取物の消化が終わっています。つまり、サプリの成分が他の栄養素に邪魔されずにそのまま吸収されやすくなっているわけです。食べ物が胃で消化されるには3時間から5時間程度かかるため、もしサプリを飲む予定があるなら、ベッドに入る3時間前に夕食を済ませるようにしましょう。

2.卵胞期(生理から排卵まで期間)に飲む

この卵胞期は、エストロゲンがプロゲステロンより優位になっています。この時期に摂取すれば、生理からの影響が少なく、副作用もほとんど気にすることなく摂取することが可能です。ただ当然のことですが、他のバストアップサプリなどを飲んでいる場合、その合計の摂取量に気をつけるべきです。

ピンキープラスの口コミ

【ピンキープラス〜飲み時の注意ポイント】

必要以上に摂取するなんてことは止めて

ピンキープラスが「バストアップに効果あり」といっても、それを期待しすぎて、必要以上に摂取するなんてことは止めてください。

ピンキープラスは水で摂取

水で摂取
1日の摂取量は決められているので、それは必ず守るようにしてください。
ピンキープラスは、バストアップのためのサプリメント。サプリなので、基本的に強い副作用はありません。しかし油断は禁物。あまり大量に飲みすぎると、当然ホルモンのバランスが崩れる場合があります。また、人によっては体調が悪くなるということもあり得ますので、必ず摂取量は守るべきです。

ピンキープラスはバストアップサプリメントですが、粒タイプの扱いやすい商品となっています。摂取の際はコップ1杯のお水と一緒に頂きます。

ピンキープラスはバストアップサプリとはいっても、これまでのようにプエラリアがメインのものではありません。

ブラックコホシュ抽出物、ヘンプオイル、セイヨウカノコエキス、ロディオラロゼア、発酵ウコンなど、美容によい成分を含有。"新感覚"のバストアップ用サプリメントになっています。
ピンキープラスこそ、利用者の女性の多くがバストアップを実感しているサプリです。

-ピンキープラス

Copyright© 本当に効いた!ピンキープラスの口コミ・効果 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.