ピンキープラス

「ピンキープラス 嘘」の真相

更新日:

ピンキープラスに関する嘘について

嘘について話し合う
ピンキープラスのことをネットでチェックしていると、デメリットとして以下の3つをあげている人がいるようです——

・飲み続けると太ってしまう
・即効性がない
・乳がんの原因になる?

これらのことは本当なのでしょうか?

成分と照らし合わせながら、細かくチェックしていきたいと思います。

最初に「飲み続けると太ってしまう」という意見です。

ピンキープラスにはブラックコホシュという成分が配合されていて、女性ホルモンの働きを助ける効果があります。

女性ホルモンにはエストロゲンとも呼ばれる卵胞ホルモン、そしてゲスターゲンと呼ばれる黄体ホルモンの2種類があるのですが、特にエストロゲンの方は外見上の女性らしさを作り出す作用があります。

女性らしさにはふっくらした肉付きも含まれるので、「ふっくら」を「肥満」と考えるなら、確かにそういう現象は生じるといえます。

さらにエストロゲンは過剰分泌されると肥満の原因になるともいわれています。妊娠中、女性は太りやすくなりますが、それもエストロゲンが普段より多く分泌されるためです。

ただ、エストロゲンには内臓脂肪を分解する働きもあるので、普通に摂取している限りは異常に太るということは考えにくいでしょう。

この辺は体質にもよりますが、以上のようなこともありうることは考慮に入れる必要があります。

次に「即効性」についてですが、ピンキープラスはあくまでサプリメントであり、食品です。つまり医薬品ではありません。

もし病気などで命にかかわる時は即効性も大事ですが、サプリメントというのは毎日摂り続けることで体質に改善効果をもたらすので、薬のような激烈な効能は持っていません。

飲んですぐにバストアップするようなものは医薬品を越えた魔法の薬で、現実にはありえません。バストのような部位に即効性があったという方がおかしいのです。

ですからピンキープラスを薬のように考えるのはそれ自体が間違いといえるでしょう。

そして最後に、「飲むと乳がんになる?」という点ですが、どうやらピンキープラスのブラックコホシュ成分がエストロゲンの量を増やすということから、なにか副作用があると誤解されているようです。

しかしピンキープラスに配合のブラックコホシュは「植物性エストロゲン」。この植物性エストロゲンには、乳がんの発症リスクはありません。

アメリカの研究所による実験結果では、ブラックコホシュによって、発汗・のぼせ・ほてり・動悸・息切れ・冷え・むくみなどの更年期障害の症状が改善されることが分かっています。

飲み続けても危険性はありませんので安心して下さい。

ピンキープラスの口コミ情報TOPへ戻る

ピンキープラスの効果がなかったという場合

より効果を求める
ピンキープラスを飲んだけど効果がなかったという場合、以下のような理由が2つ考えられます——

・つい飲み忘れをしてしまう
・生活が不規則で食事のバランスが悪い

ピンキープラスはサプリメントですので、毎日目安量を守って長期間飲み続けることで、初めて効果を実感できます。

もちろん体調不良時や何か飲むことで不具合があった場合は中止すべきですが、なるべく飲み忘れはしないようにすべきです。

また、睡眠が不足がちだったり、外食が多かったり、運動不足の場合、ピンキープラスの効果が出ない可能性が高くなります。

なるべく節制につとめ、健康な生活を送ることでサプリメントの効果は上がってくるでしょう。

以上の2点に注意して摂取すれば、きっと効果が実感できます。

-ピンキープラス

Copyright© 本当に効いた!ピンキープラスの口コミ・効果 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.